インターネット思惟電子有限会社 | 会員登録 | 新会員登録
日本のディスプレイ会社準発行を通じて新株など方式4 . 7億ドルの融資  (2018/4/2 9:41:30)
日本のディスプレイ会社準発行を通じて新株など方式4 . 7億ドルの融資
2018-03-30標簽:OLEDの買収合併来源:テンセント科技


外国メディアの報道によると、日本(Japan Display目下ディスプレイ会社)に陥ってもがいて、それは会社の取締役会は金曜日の討論の計画は、ファイナンス500億円(約7億ドル)を含め、第三者に300億円余りの新株発行価値。

 


今回の融資を含む資産の売却を際立たせ、同社の挑戦。この会社はすでに4年連続の損失は、現在全世界のパートナーを探している。

 


日本のディスプレイ会社の危機が始まった、それで採用OLEDスクリーンで行動を遅く、それから、リンゴなどの顧客獲得した注文下落。りんごが昨年発表したiPhone X、初OLEDスクリーンで、サムスン電子は同スクリーンの排他的プロバイダ。

 


日本国にNHK放送会社以前の今日によると、日本のディスプレイは、国内と海外のファンドの投資を求め、それを支える財務状況。

 


この家のディスプレイメーカー以前は、大量生産OLEDスクリーン、それによってと韓国サムスン電子競争相手。それはまた、これを実現する目標は大量の資金が必要。

 


日本のディスプレイ会社はカレンダー、東芝やソニーの液晶事業の2012年として、その半分の売上高への販売からリンゴLCDパネル。

 


金曜日の午前、日本株価下落ディスプレイ逆境のバラ色のアクセス1%、また日経指数は1%。

 


昨年末によると、日本メディアの報道によると、中国パネルメーカー3社のいるがBOEなど準日本ディスプレイ投資以上の2000億円(約じゅうはち億ドル)。

 


発表によると、日本のディスプレイを図る2018年末までに合意さん。もし協議がうまくいかず、同社の資金繰りを直面するジレンマ。

 


うわさの別の両社はペガサスのマイクロエレクトロニクスと華星光電、想定資金調達総額2000億円(約じゅうはち億ドル)。

 


台灣の鴻海精密工業会社も視野に入れて、しかしその傘下で強力な力を持つ液晶分野シャープ、ボトルネック。それは、資本提携の可能性があると思われたらLCD市場競争を妨げ、そんなにできない可能性があり、各国の独占禁止審査。

 


ディスプレイの業績不振を反映日本続け、経営安定性の指標「自己資本」は年々減少し、年度末現在では2016 3248億円。同社2017年度準計上計1700億円の特別損失構造改革費用として結果、4年連続の赤字。

 


日本で資金繰りで、ディスプレイの現段階使う3社の主要銀行の融資枠を設定1070億円をつなぎとめるだが、もし資本提携側の仕事が遅れ、資金は可能底。日本のディスプレイ会社の筆頭株主は、日本の半公式ファンドの「産業革新機構」が追加支援せざるを得ない。

 
 
 

www.int-thinking.net©2006-2017インターネット思考(香港)の電子有限公司 (著作権所有)