インターネット思惟電子有限会社 | 会員登録 | 新会員登録
鴻海利益裏:シャープ下落ドラッグやリンゴ「依存症」  (2018/4/12 10:30:14)
鴻海利益裏:シャープ下落ドラッグやリンゴ「依存症」
2018-04-11標簽:決算携帯電話業界来源:環球網

「日本経済新聞」よんしよ月じゅう日報道によると、世界最大の電子製品のOEM企業台灣鴻海精密工業岐路に立った。さん月さんじゅう日発表した2017年度(まで2017年じゅうに月)決算によると、純利益は同7%減少1385億台灣ドル。2008年のリーマンショック以来、9年ぶりの減益となった。その理由は、アメリカのアップル社に依存するリスクや、シャープに対する支援の負担が表面化しているのが原因です。鴻海アメリカとして大手IT企業と中国の間の生産基地「仲介」、その成長モデル、米中貿易摩擦で現れ動揺。

「シャープなどのマーケティングの負担が重い」さん月さんじゅう日夜、鴻海関係者は、利益は落ち込みそう。2016年のシャープされ、鴻海買収後、社長にちゃんとかぶる呉推進の改革の業績が急速に回復し、2017年末から東証に戻る東証いち部部、しかしこちらの関係者に認めて急速に復活の背後に鴻海水面下の支援。決算データ投影されて鴻海余裕ない苦境体面を気にするの。

 


売上高は前年同期比8%増に4.71億台灣ドル。スマートフォン、パソコン、ゲーム機、サーバーのほか、単車を共有する新分野の開拓も順調。しかし、収益力を示す営業利益は35 %減少した。


リンゴに頼っている

 


その理由のひとつはリンゴ2017年じゅういち月発売の最新型携帯電話「iPhoneX」。新増加の顔認識機能の関連部品供給が延期され、担当の最終組み立て鴻海白などの場で、中国の人件費上昇も鴻海構成衝撃。

 


生産設備の自動化などに関する研究開発費も膨らむ。2016年に子会社を通じて始まった「ノキア」ブランドの携帯の販売は苦戦にも影響を及ぼした。iPhoneはこの伝統的な主力事業のリスクが表面化しており、新規業務や先行投資も成果を上げていない。利益を反映して急いで下落鴻海変革の現状。

 


もっと心配するのは米米貿易摩擦だ。アメリカトランプ政府議論はしても中国が知的財産権アメリカ企業として、中国の情報通信機器関税制裁を実施。米中の交渉は時間がかかるが、鴻海は「被害者となる最大」。

 

郭台銘全体の従業员が前の話(台北市内)

 


鴻海迅速な成長のきっかけは1990年代アメリカ企業は中国大陸の集中投資。十分な利用を通じて大型工場や安価な労働力を求めて、大量で、低コストの生産から、鴻海デルとHPなどを獲得したアメリカIT大手パソコンなどの制品の組み立て。鴻海理事長の郭台銘あの時からずっと過ぎて行き来中米両国の間の生活。今は中国の輸出額が鴻海年5%程度の最大の輸出企業は、もしアメリカ起動制裁関税が揺らぎかねない鴻海の業務の基礎。

 


2017年ななしち月、郭台銘はアメリカホワイトハウストランプと会い、表明はウィスコンシン州投資ひゃく億ドルの建設パネル工場を避けて、その目的は批判されてアメリカ対中貿易赤字の源流。一方、鴻海中国政府としては『中国製製造業への転換2025」政策の中堅分子、時々発生する「せない鴻海逃げアメリカ」の論調。

 


中国に傾いてもリスクがある

 


さん月はち日、中国証券監督管理委員会の承認鴻海の核心の子会社の上海証券取引所に上場。通常のIPOがいち年以上の才能を承認し、鴻海わずか36日、創史上最速記録。これを反映して中国当局と思われたい鴻海を考えだが、もし鴻海さらに中国に傾いて、米中とのバランスを維持することはできない。

 


もし私たちが時と共に進むならば、我々は淘汰されます。過去のこれによって成功の法則、未来の歳月を反転される可能性淘汰」、郭台銘2018年に月の鴻海年会に危機感がにじみ出た。でも、郭台銘と指摘し、人工知能(AI)など新技術と実体経済融合の深さは製造業、鴻海の可能性を強調しました。鴻海から小さな町の企業成長を世界最大の電子製品にOEM企業。米中貿易摩擦で悪化を背景に、鴻海見つかる新しい成功法則ですか?郭台銘の能力を問われる。
 


 
 
 

www.int-thinking.net©2006-2017インターネット思考(香港)の電子有限公司 (著作権所有)