インターネット思惟電子有限会社 | 会員登録 | 新会員登録
全世界の半導体設備の売上高は高校の韓の需要が旺盛である  (2018/4/14 9:34:40)
全世界の半導体設備の売上高は高校の韓の需要が旺盛である
2018-04-13標簽:半導体業界来源:環球網

「日本経済新聞」が12日、半導体製造設備の世界市場規模で6兆円を突破したと報じた。業界団体に国際半導体製造設備と材料協会(SEMI)よんしよ月きゅう、く日、2017年グローバル売上高は前年同期比37%増加し、566億ドルに達する。その数字は17年ぶりに記録を更新した。2018年には旺盛なメモリ需要と中国の積極的な設備投資が維持され、日本の各機器企業は成長投資を続けていく。

 


半導体が需要になるのは、大容量データを保存できる3次元NAND型フラッシュなどのメモリ製品で、スマートフォンやデータセンター向けの需要が高まっている。

 


地域別に見ると、韓国大手メーカーサムスン電子など積極的な設備投資の韓国市場の売上高は前年比2 . 3倍に向上、179.5億ドルで、世界最多。

 


また、中国の需要も売り上げを高めた。中国政府は、大量の資金を投入する国内の半導体産業、2017年半導体機器の売上高は82.3億ドル。予測によると、その後の工程設備の後、2019年、中国の加工ウエハの前工程設備市場規模も韓国よりは、一躍世界首位。

 


市場の良い背景の下で、日本の各大手製造設備企業は積極的に生産能力を増加させる。東京電子宮城は、2018年10月までに生産能力を約2倍に引き上げる計画だ。大型の半導体製造装置メーカーSCREENホールディングス2018年度の設備投資額は2017年度より40%向上。同社は、滋賀県の彦根事業所への投資約90億円を建設する。

 


半導体相場については、楽観的な声がたくさんあります。は心配する人も良品率の向上に従って、三次元NAND型フラッシュの価格下落が、分析によると、「市場を拡大するにつれて価格の下落」(東京電子)、現在の価格は、設備の需要減少の要因。

 
 
 

www.int-thinking.net©2006-2017インターネット思考(香港)の電子有限公司 (著作権所有)