インターネット思惟電子有限会社 | 会員登録 | 新会員登録
iPhone Xは3月の全世界で最も良いスマートフォンになって、小米は身を身につけます。  (2018/5/22 10:32:41)
iPhone Xは3月の全世界で最も良いスマートフォンになって、小米は身を身につけます。
2018-05-21標簽:携帯電話ネットワークと通信来源:テンセント科技


海外メディアによると、Counetpotは、最新の報告書を発表したばかりで、報告の結果によると、今年3月まで、アップルのiPhone Xが世界一のスマートフォンとなっており、その後はiPhone 8 Plus、小米の紅米5 Aが3位にランクインし、世界で最高のAndroidスマートフォンを販売している。

 


このCounetpotが報告したデータによると、アップルはこの販売ランキングで主導的な地位を占め、iPhone Xの出荷量は3.5 %に達し、iPhone 8 Plusの占める割合は2.3 %だった。小米は、傘下の入門モデルで初めてランクインし、赤米A 5の出荷シェアは1?8 %近く、上位3位で唯一のAndroid機種となった。

 


「アップルのiPhone X」は3月に最も売れたスマートフォンとなっており、第1四半期に最も注目される機種も構成されている。iPhone 8 Plusの販売台数は3月に明らかに昇格し、世界で2番目に売れている製品となっている。報告書。「小米の赤米5 A」は、3月に最も人気のあるAndroid機種として、小米初登場の製品だ。

 


面白かったのは、上位10号では、アップルが5位、それぞれ7位のiPhone 7、8位のiPhone 8と10位のiPhone 6で、3機種の出荷量はそれぞれ1.6 %、1.4 %と1.2 %だった。



レポートには、OPEC A 83(1.8 %)、サムスンGalaxy S 9(1.6 %)、サムスンGalaxy S 9+(1.6 %)とサムスンGalaxy J 7 Pro(1.4 %)、それぞれ第4、第5、第6、第9位となっている。

 


「サムスンGalaxy S 9」は、サムスンを支援して旗艦の分野でのシェアを向上させた。サムスンはハイエンド市場でのシェアは倍増しているが、低市場では中国メーカー(OPEC、ヴィvo、ファーウェイ、小米)の激しい競争に直面している。報告を報告する。

 


また、インド、東南アジア、アフリカなどの市場での入門モデルの売り上げは非常に優れており、サムスンも小米も印象的だったということです。

 


「小米、サムスン、ファーウェイの栄光は、東南アジアとインドを含む多くの市場出荷量が新高を記録し、3ブランドの製品価格はほぼ100ドルから199ドルの間である」。報告書。「OPEC、ヴィvoとファーウェイは本土とインドの市場で上昇した後、未来には中端価格の製品区間がある」としている。

 
 
 

www.int-thinking.net©2006-2017インターネット思考(香港)の電子有限公司 (著作権所有)