インターネット思惟電子有限会社 | 会員登録 | 新会員登録
サムスンは恵州工場の人員削減に応じて、携帯電話の生産量を削減することを決定しました。  (2019/6/6 12:47:28)
サムスンは恵州工場の人員削減に応じて、携帯電話の生産量を削減することを決定しました。
2019-06-05タグ:携帯三星部品と製造出所:鳳凰科技

三星


 

サムスン電子は29日、中国市場の競争が激化しているため、恵州工場の携帯電話の生産量を削減することを決めたと発表した。

 


金新網は昨夜、サムスンが中国で最後の携帯電話メーカー恵州工場の人員削減を近く開始したと伝えました。サムスンの人員削減補償案によると、人員削減は自主的な前提で、強制的に人員削減するのではない。従業員の希望受付の締め切りは6月14日です。今のところ恵州サムスンの人員削減規模は計り知れません。

 


サムスンは携帯電話の生産量を削減する規模についての発表を拒否しました。午後の取引で、サムスンの株価は1.3%上昇し、総合株価は0.4%上昇しました。

 


サムスンは世界最大のスマートフォンメーカーです。市場研究会社のStrategy Analyticsのデータによると、サムスンは昨年、中国のスマートフォン市場でのシェアはファーウェイなどのライバルから蚕食され、1%にも満たない。2013年、サムスン中国のスマートフォンのシェアは一時約20%に達しました。

 


しかし、別の市場研究会社のCounterpointリサーチが4月末に発表した報告によると、低価格のスマートフォンの機種に押されて、サムスンは今年の第1四半期に中国の携帯電話の販売台数は前月比40%増加した。

 


昨年12月、生産性向上の努力の一環として、サムスンは天津携帯電話工場の運営を停止した。

 
 
 

www.int-thinking.net©2006-2017インターネット思考(香港)の電子有限公司 (著作権所有)