インターネット思惟電子有限会社 | 会員登録 | 新会員登録
SKハイニックスがQ 2四半期決算を発表しました。利益は88%暴落しました。  (2019/7/30 10:47:27)

メモリ価格の下落は韓国の二大半導体大手の三星、SKハイニックスの一大事となりました。三星は30兆ウォンの平沢P 2工場の建設を延期しました。

 


SKハイニックスが発表したデータによると、Q 2四半期の売上高は6.45兆ウォンで、同38%減の6376億ウォンで、同89%減の純利益は5370億ウォンで、約4.6億ドルで、同88%下落し、3年間で最低を記録した。

 


SKハイニックスの業績が暴落した主な原因はやはりメモリ価格と関係があり、同社は需要回復が期待されていないとしていますが、価格下落幅は予想を上回っています。この挑戦に対応するため、SKハイニックスは生産と投資計画を柔軟に調整し、Q 4四半期にメモリの生産能力を削減すると発表しました。

 


メモリの価格が暴落しているほか、韓国の半導体業界は日本の制裁にも対応しています。今月4日から韓国に輸出する3つの重要な原材料を規制しています。そのうち、リソグラフィー、高純度フッ化水素はチップ生産に不可欠です。この点でサムスン、SKハイニックスは基本的に日本の会社に依存しています。供給が追いつかないと、韓国のメモリーチップの生産にも大きな影響が出ます。

 
 
 

www.int-thinking.net©2006-2017インターネット思考(香港)の電子有限公司 (著作権所有)